看護部紹介

看護部挨拶

看護部長    割石 富美子

診療報酬改定による変化に対応し、充実した看護体制を整え病態に応じた看護を推進しています。

新入職員は、先輩と一緒に確認しながら看護を行えるので、安心して仕事ができます。また、電子カルテ導入とともに、PNSを導入し、2人で支援し合う体制を整え、業務改善ができたことから、時間外勤務を減少しワークライフバランスの改善が図れています。

看護実践能力を段階的に習得できるよう、集合教育と現場教育を連動させた育成を行っています。7月から8月にかけては、ローテーション研修を実施。日勤業務が行えることを確認した上で、無理が無いよう10月頃から夜勤勤務を開始します。

経験のある中途採用者に対しては、キャリアを加味しながら配置場所を相談します

子育て期の看護職員に対し正社員短時間勤務を導入しています。また、保育料の半額支援があり、子育て中の看護師の定着につながっています。パート勤務者として再就職で久しぶりに看護現場に戻った方たちが楽しく安定して外来や病棟での勤務を行っています。

eラーニングを導入し、院内教育に活用しています。基礎的な学習と中堅看護師には専門性を持ち自己成長できるようにサポートしています。

活気ある看護部の活動に参加し、生き生きと働ける職場で一緒に働いてみませんか。急性期看護のスキルアップをしたい、ブランクはあるが看護師としてもう一度チャレンジしたいなど、みなさまのご応募を心からお待ちしています。

 

基本方針

  • 患者さまの権利を尊重し、優しさのある看護の実践します。
  • チーム医療の実践を多職種との協働、最良の看護を提供します
  • 専門職として主体性を持ち、力を発揮できるように自己研鑽に努めます
  • 看護職員として自己目標を持ち、委員会活動等に参画し役割の中から社会人としての成長を目指します。
  • 医療機器管理や物品管理を効果的に行い、健全な病院経営に参画します

看護部の取り組み

平成29年度 看護部目標

  • 二次救急病院としての役割を発揮するための看護提供体制を整備する。
  • 看護の質改善と安全安心な看護の提供のための取り組みを強化する。
  • 専門性の高い看護を提供するためのチームつくりと人材育成を推進する。

平成29年度 看護部目標達成のアクション

  • 二次救急病院としての役割を発揮するための看護提供体制を整備する。
    • 全の看護を提供するための効果的な人員配置を行う
    • 病院機能評価の受審に向け基準やケアプロセスの確認と改善を図る
    • 地域の医療機関や法人内事業所との連携を強化する
  • 看護の質改善と安全安心な看護の提供のための取り組みを強化する。
    • 病床の効果的運営と在宅医療との連携を強化する
    • チーム医療活動を継続し、看護の質改善を達成する
    • 消化器・内視鏡センターや三愛総合健診センターの発展に協働する
    • 新規事業に対して積極的に参画する
  • 専門性の高い看護を提供するためのチームつくりと人材育成を推進する。
    • 看護職員一人一人の働きがいを大切にして専門職として育成する
    • クリニカルラダーの運用と各自の目標管理を達成する
    • 人事考課制度の導入と効果的な活用に参画する
    • 病院の方針に沿った戦略に協働し、経営の安定化に参画する