形成外科Plastic Surgery

診療科概要

 当科は、主に『外表面の形態』を対象とした分野です。
 体表面の解剖学的に異常な状態を整えたり、なくなった物を作るもしくは作り直す科です。

主な対象疾患

先天形態異常
唇口蓋裂(俗に言う兎唇)や生まれつきの変形
 例:埋没耳・立ち耳、先天性眼瞼下垂、臍ヘルニア
外傷
ケガ、ケガや手術によ傷跡、骨折の治療
 例:切り傷、擦り傷、挫創、打撲、ケロイド
腫瘍
皮膚腫瘍の切除や、悪性腫瘍切除後の足りない部分の再建
 例:粉瘤、脂肪腫、ほくろ、黄色腫、良性皮膚腫瘍各種

などがあります。

医師紹介

形成外科

内野 忍