検査部Inspection Unit

検査部理念

『正確に・迅速に・丁寧に』

精度の高い臨床検査データの提供に努める。

検査部概要

当検査部は、国家資格を有す10名の臨床検査技師で業務を行っています。
検査部検査室では主となる検体検査・生体検査を実施し、その他消化器病・内視鏡センターにおける内視鏡検査の介助や、EUS-FNA実施時における迅速細胞診判定、三愛総合健診センターでの生理機能検査・検体検査業務等も行っています。
スタッフは日本臨床検査技師会他、各種専門学会に所属し、信頼度の高い情報を正確かつ迅速に臨床に提供できるよう日々努力しています。 また今後も発展する医療ニーズに対応するため、常に最新技術の導入に取り組んで行こうと考えています。

人員構成

検査部長 佐藤啓司

大分県臨床検査技師会 常務理事
大分県臨床細胞学会 理事
国際細胞検査士、認定病理検査技師
大分DMAT隊員

臨床検査技師
病院職員 8名
委託職員 2名

スタッフ取得資格

  1. 緊急臨床検査士:2名
  2. 認定救急検査技師:1名
  3. 認定心電検査技師:1名
  4. 認定病理検査技師:1名
  5. 細胞検査士:1名
  6. 国際細胞検査士:1名
  7. 二級臨床検査士(病理学):1名
  8. 消化器内視鏡技師:1名
  9. カプセル内視鏡読影支援技師:2名
  10. 大分県糖尿病療養指導士:1名
  11. 有機溶剤作業主任者:1名
  12. 第二種ME技術士:1名

精度保証

当検査部は2016年4月に ※1 精度保証施設認証を受けています。

※1:精度保証施設認証:日本臨床検査標準協議会および日本臨床衛生検査技師会を認定機関とし、検査法およびデータが標準化され、かつ精度が十分に保証されていると評価できる施設に対し与えられる認証制度。

院内活動

感染制御委員会(ICT)における週報、アンチバイオグラムの作成・報告ならびにラウンド。栄養サポートチーム(NST)のアラート作成・提供。糖尿病教室としての患者様サロン、輸血療法委員会の開催など院内の各種委員会や活動にも参加し、情報の発信に努めています。

救急、時間外診療の対応

通常業務時間は8時30分から17時30分ですが、平日および日・祭日も20時まで当番技師が常駐し、ERや病棟からの依頼に対しての検査対応を行っています。
また、20時以降においても、呼出し制で急患や入院患者さんの急変等に対応しています。

実施検査・機器

生化学検査
(東芝メディカル:TBA-120FR、アークレイ:HA-8181、A&T:GA05、栄研:AIA-360)
感染症・腫瘍マーカー
(Roche Cobas e411)
血液・凝固検査
(シスメックス:NX-1000・CA-600)(栄研:US-2200、OCセンサーio、POC one)
一般検査
(栄研:US-2200、OCセンサーio、POC one)
血液ガス測定
(ABL800FLEX)
生理検査
  • 心電図 6台(フクダ電子:FCP-5741)
  • 24時間心電図 2台(フクダ電子:FM-160)
  • 脳波検査 1台(日本光電:EGG-1214)
  • 脈波検査 1台(日本光電:ECG-1214)
  • 肺機能検査 2台(日本光電:SP370HYPER)
  • 呼気中一酸化窒素測定 1台(NIOX:NIOX VERO)
  • 睡眠時無呼吸症候群検査 1台(PHILIPS:アリスPDX)
  • 誘発電位測定 1台(日本光電:MEB-9404)