社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター|外来診療|救急救命|各種治療・部門|人間ドック|脳ドック

 

検査部

   

 

 当検査部は、5名の専門スタッフで主に血液、尿、便などの体内から採取される検体を検査する検体検査と生体内の微弱な生理現象を電気的に捉えその変化を記録分析する生理検査を行っています。

臨床検査の質を高めるため、毎年、日本医師会、大分県医師会などによる外部精度管理調査に参加して精度の維持に努め、正確なデータを患者様に提供できるように努力しています。

 

 

検体検査

検体検査
 
 
一般検査
 

 尿・便・髄液などを検体として検査します。尿は、試験紙により蛋白、糖、潜血などが出ていないか、また、尿を遠心して尿 中に白血球や赤血球、異型細胞、細菌などが出ていないか顕微鏡で観察して調べます。便は消化管からの出血の有無を調べます。髄液は、細胞数、細胞種類、 糖、蛋白などを調べています。

 

 
血液検査
 

 血液中の白血球数、赤血球数、ヘモグロビン値、血小板数や白血球分類などを自動血球分析装置で測定しています。白血球分 類は、分析装置で異常の場合や血液疾患の患者様に関しては顕微鏡により目視で検査します。白血球数は感染、炎症などで増減します。赤血球・ヘモグロビンは 各細胞に酸素を運び二酸化炭素を持ち去る役目があります。血小板は出血時に止血機能を果たしています。

 

 
生化学検査
 

 採血した血液を遠心分離すると有形成分(血球成分)と液状成分(血清)とに分離します。その血清中の成分を主に分析しています。肝機能検査でAST(GOT)・ALT(GPT)・LDHなど、腎機能検査では尿素窒素・クレアチ ニン・尿酸など、高脂血症の検査では中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロールなどの測定を行っています。これらの検査を組み合わせて行うこ とによって病気の診断や治療の判定、病状の経過観察に役立っています。

 

生理検査

生理検査
 
 
心電図検査
 

 心臓病を見つけるための基本的な検査で、心臓の筋肉が収縮するときに発生する電気信号を記録します。その変化を波形として表わすことで、心臓が規則正しいリズムで動いているかどうかを見ることができます。

検査方法は、患者さまにベッドに仰向きに寝ていただき、胸に6ヶ所と両手首・両足首に電極を装着することにより記録されます。

 

負荷心電図~ホルター心電図

負荷心電図~ホルター心電図
 


負荷心電図
 

 安静時の心電図をとっておき、次に2段の階段を昇降して直後、3分後、5分後の心電図を記録します。安静時と比較して判断し、狭心症などの診断に有用です。

 


 

ホルター心電図
 

 小型軽量の装置を身につけ、日常生活中の長時間の心電図を記録して、これを解析して観察する検査です。短時間の心電図検査では記録できない不整脈が実生活の中で24時間記録し続けることで記録されます。

 
 


肺機能検査
 

 肺は空気を出し入れしながら、外気から酸素を取り入れ体内の二酸化炭素を排出するという働き(ガス交換)をしています。空気の出し入れが行えないと、こうした肺の役目が果たせなくなります。

検査法は、検査機器につながったマウスピースをくわえ、支持に合わせて息を吸ったりはいたりして、肺に出入りする空気の量や速度の測定などを行うことで肺の喚起機能を調べる検査です。

   


脳波検査
 

 脳はその活動にともなって常に微弱な電波を出し続けており、それは頭の表皮上におけるわずかな電位差となっ て表れます。その電気的な変動を頭部に付けた電極で捉え増幅し波形として記録する検査です。けいれんを起こしたとき、意識障害がみられるとき、てんかんが 疑われるときなどに行われます。

<<社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター>> 〒870-1151 大分県大分市大字市1213番地 TEL:097-541-1311 FAX:097-541-5218