社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター|外来診療|救急救命|各種治療・部門|人間ドック|脳ドック

 

薬剤部

 

薬剤部理念

薬剤部理念
 
 

1.人員構成

1.人員構成
 
  •  薬剤部長 山田 雅也
  •  薬剤師 11名・助手 2名
 

2.主な業務内容

2.主な業務内容
 
内服薬調剤

内服薬・外用薬
 

 

 患者さまが使用するお薬を、医師の処方せんに基づいて調剤しています。

調剤とはただ単に、薬を取って袋に入れたり、混ぜ合わせたりするだけでなく、『薬の量が間違っていないか』、『飲みあわせは悪くないか』、など、処方内容をチェックしています。

 疑問があれば医師に確認をとってから調剤しています。医師からの処方箋を基本として、飲み薬・外用剤を薬袋に入れ、患者さまにお渡しします。

 平成20年から、オーダリングシステムと全自動分包機や散剤監査システム、薬袋発行機などの薬剤業務支援システ ムを連動させ、より効率良く業務を行うことができるようになりました。内服薬は一包化を基本とし、患者様にあわせてヒート調剤や簡易懸濁法用の分包をしています。注射指示箋はオーダリングシステムからの発行ですが、内服との相互作用は薬剤業務支援システムで監査しています。注射薬は各病棟の注射カートに患 者様ごとにセットし、病棟に払い出しています。

   
 

 

入院病棟活動(薬剤管理指導)

 

 当院でお渡しする飲み薬、注射剤、外用剤(坐薬や貼り薬等)はもちろんのこと、他院で処方されたお薬、さらには食事や退院後のライフスタイルも考え、お薬の飲み合わせや飲みやすさ、飲む時間を的確に判断し、同時にお薬による副作用やその対策についても情報提供しています。

また、チーム医療を担う一員として、医師や看護師、コメディカル等のスタッフとともに治療計画に参画しています。

 


 

   
薬剤無菌調製

当院では、この無菌室において主に中心静脈栄養・抗がん剤点滴の調製をしています。また、使用される抗がん剤の量・治療日程の間隔・点滴速度等のチェックを行ない安全で適切な抗がん剤治療に貢献しています。
   
 

 

院内製剤

 

 病院の中で独自に調製され、その病院だけで使用することができるお薬を院内製剤といいます。主に製薬会社から市販されていないお薬を調製しており、患者さまや病気に合わせて調製されたお薬等が含まれています。

このように新しいお薬を調製することも薬剤師の仕事のひとつです。

 


 

医薬品情報提供業務


 病院の中で独自に調製され、その病院だけで使用することができるお薬を院内製剤といいます。主に製薬会社から市販されていないお薬を調製しており、患者さまや病気に合わせて調製されたお薬等が含まれています。

このように新しいお薬を調製することも薬剤師の仕事のひとつです。

 


 

薬剤部内の医薬品説明会


 毎週、火曜日から金曜日の午前8時~20分間(説明15分、質問5分)医薬品の説明会を行っています。

年間200回程度、医薬品メーカーより製品説明を聞いて、日々情報収集に努めています。

 


 

薬剤部内の症例発表


 毎週、火曜日から金曜日の朝礼内で各薬剤師が、担当している入院患者の症例紹介(10分程度)を画像や検査値を使って行っています。

病態や診療の流れを理解した上で、症例にアプローチする能力を養うことに寄与しています。

 

   
 

 

チーム医療の参入

 

 薬剤師もチーム医療の一員としてリスクマネージメント、病院感染対策、褥瘡回診、糖尿病教室、栄養サポートチーム(NST)、さらに病棟においてのカンファレンスに参加するなど、活動に関わっています。

 


 

就職活動中の皆様へ


当院で勤務している2名の薬剤師の声を紹介します。
 
 
 

 

 私は大学院を修了後、当院に就職し今年で2年目となります。

 大きな病院と比較すると学べる診療科は限られていますが、医師を始めとするスタッフとの距離が近く、薬剤師として色々な仕事を日々実践していける病院です。

 薬剤部の雰囲気はとてもよく、病院単位でもお花見やボウリング大会などのイベントがあり、中小病院ならではだなと思っています。

 2年目となる今年は、去年よりも質の高い仕事をできるよう臨床力を高めていきたいと思います。

 

 
     
 

 

 私は、他県での病院薬剤部での勤務を経て当院に入職、薬剤師4年目を迎えました。

 三愛メディカルセンターでの勤務も1年を過ぎましたが、院内の雰囲気が良く、医師や看護師、栄養部など他部署のスタッフとの連携を取りやすい職場 だと感じています。カルテやオーダーからだけでは読み取れない部分を医師に直接質問したり、患者さんの訴えに看護師からの情報を加える事でより客観的な評 価が可能になったりと、多職種連携の重要性を感じています。

 また、薬剤部内で行う症例発表により、自分の担当でない症例についても学ぶ事ができ、勉強になります。自らも定期的に症例を報告しますので、個々の症例に関して薬だけでなく病態や治療経過をより意識するようになりました。

 大変ですが、薬剤師として学ぶ為には良い環境であると思います。

 

 
     
 

 
新卒者学習スケジュール
   
新卒者学習スケジュール ( 2015-07-30 ・ 105KB )
 
 
 

3.院外の活動

3.院外の活動
 

 
地域住民とふれあい
 

 当院は、近くの商業施設の広場を借りて年1回「いきいき健康祭り」を開催しています。

その中で、薬剤部は小学校生までを対象として、実際の分包機と薬に見たてたお菓子を使って「ちびっこ薬剤師体験」を行って います。

毎回、好評で参加された方には、とても喜ばれています。

 

学会発表等

学会発表等
 
平成26年
 
第18回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:抗MRSA薬以外のTDM対象薬に対する介入への取り組み
 演題:プレアボイド報告に対する意識向上への取り組み
 
大分県病院薬剤師会 3月例会会員発表
 演題:QT延長に視点をおいた薬剤師業務
 

 
平成25年
 
第17回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:ワルファリンを用いた抗凝固療法における当院のリスクマネジメント
 
大分県薬剤師会 1月例会会員発表
 演題:脂質異常症における新規治療薬の捉え方
 
第36回 日本高血圧学会総会
 演題:院外処方せんを用いた降圧薬の処方状況調査
    -ガイドライン(JHS2099)との対比-
 

 
平成24年
 
第16回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:当院における持参薬確認業務の評価と現状

第27回 環境感染学会総会

 演題:薬剤管理指導業務の標準化を目指した確認シートの作成
 
第17・18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会 

 演題:がん化学療法の工夫で経口摂取を可能とした幽門狭窄胃がんの一例 

 

第74回 九州山口薬学大会
 演題:PT-INR>10を経験した1症例とワルファリンを用いた抗凝固療法における
    今後のリスクマネジメント
 
大分県病院薬剤師会
 演題:急性腎不全を合併したPEG造設予定患者における抗凝固剤の変更
 

 
平成23年
 
第13回 大分NST研究会
 演題:全薬剤師がNSTと連動できる薬剤管理指導業務体制の構築
 
第16回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:外来診療における薬物療法の適正評価を目指して
 
第29回 大分県病院学会
 演題:東日本大震災における薬剤師の支援活動
 演題:薬剤部による経営貢献への取り組み
 

 
平成22年
 
第72回 九州山口薬学大会
 演題:持参薬から見るCKD対策の取り組み
 
第15回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:当院における持参薬確認業務の評価と現状
 

 
平成21年
 
第14回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:在庫管理システム「Q1.zig」導入による病院経営の効率化
 演題:薬剤部における抗菌薬適正使用への取り組み(第二報)
 演題:大分県薬剤師会おけるドーピング防止活動
 
第42回 日本薬剤師会学術大会
 演題:大分国体におけるドーピング防止活動
 
第2回 大分地域リハビリテーション・ケア研究大会
 演題:医学的リハビリテーションに対する薬剤師の関与
 
第71回 九州山口薬学大会
 演題:中小病院におけるがん化学療法への取り組み
 演題:薬剤師によるCKD対策
     ~腎機能低下患者への薬剤適正使用への取り組み~
 演題:カルバペネム系抗菌薬の適正使用への取り組みと評価  
 

 
平成19年
 
第12回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:薬剤部における抗菌薬適正使用への取り組み
 
第70回 九州山口薬学大会
 演題:難治性潰瘍に対するクエン酸シルデナフィル含有軟膏の使用経験
  

 
平成18年
 
第11回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:当院における簡易懸濁法の導入
 
第69回 九州山口薬学大会
 演題:オーダリングシステムを利用した医師への情報提供  
 

 
平成17年
 
第10回 大分県薬剤師会学術大会
 演題:三愛病院における外来処方オーダリングシステム
 
第68回 九州山口薬学大会
 演題:当院における外来処方オーダリングシステムと患者情報の共有化
 
<<社会医療法人三愛会 大分三愛メディカルセンター>> 〒870-1151 大分県大分市大字市1213番地 TEL:097-541-1311 FAX:097-541-5218